【要注意】リッチモンドバークスが詐欺を行ったことが判明!

リッチモンドバークスが詐欺行為を働いた

 

最新情報が入りました。私の中で、リッチモンドバークスに対する信頼がかなり揺らぐ事件なので、報告します。

 

正直、私自身最近この案件に参加したばかりなので、今回の内容はだいぶショックなのですが、事実である以上隠すわけにいきませんので、詳細を公開します。

 

カンファレンスは行われなかった

さて、肝心の詐欺行為の内容ですが、それは3月6日に東京で行われたとされているカンファレンスのことです。

 

3月6日に行われた(ことになっている)カンファレンスに関する記事が画像つきで公式ホームページに公表されているのですが、どうやらこれが完璧にウソの記事らしいのです。

 

公式サイトには、日本で行われた3月6日のカンファレンスは大成功だったということで、たくさんの人が集まった写真が掲載されています。

 

しかし、、、なんとこの写真が全てねつ造らしいのですよ。

 

 

写真を見る限りは、しっかりとした説明会が行われているように見えますよね。

 

しかし、実際にはこの日、当ブログでも報告しているように、カンファレンスを行う予定であった、リッチモンドバークスメンバーの23歳の青年Georgiy(ジョージ)は何らかの事情で、来日できませんでした。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【緊急】リッチモンドバークスの日本カンファレンス中止のお知らせ

 

では、一体これらの写真は何なのか?と言いますと、、、

 

なんとこれらの写真は、カンファレンスが行われないことを聞かされずに、集まった人たちに対する謝罪の様子を、あたかも説明会が行われたかのように写した写真らしいのです。

 

写真を見ると、かなりしっかりしたカンファレンスが開かれたようにしか見えませんよね?

 

しかし実際には、当日会場では

 

「今日はカンファレンスはありません、ごめんなさい」

 

という内容の説明が軽くされた後で、そのあとなぜかリッチモンドバークスとは全く関係のない、不動産投資関係のサイトの宣伝が始まったとのことです。

 

当然、カンファレンスが開かれると思い、何も知らされずに集まった方々の間にはかなり不穏な、殺伐とした雰囲気が流れていたそうです。

 

何の告知もなく、現地に行ったら「今日はイベントはありません、ごめんなさい」と言われれば、それは「はああ!?」って感じになりますからね^^;

 

殺伐とした空気になるのも分かります。

 

でも、公式サイトには「東京セミナー大成功」みたいな記事が堂々と載っているわけなんですよ。

 

リッチモンドバークスがセミナー記事をねつ造しました。

 

実際にリッチモンドバークスのホームページを見ると、このように東京カンファレンスのついての報告があります。

 

Hello!
We present you a photo report about a conference in Tokyo! Conference was successful! Each participant of the conference received $ 100 on his account, as well as a lot of nice bonuses. Leading of the conference answered important questions of participants and told a lot new and interesting information.

 

訳:

こんにちは。

東京カンファレンスについての写真の報告を提供します!東京セミナーは成功でした!それぞれの参加者はアカウントに100ドルと、たくさんのナイスなボーナスを受け取りました。会議の司会者は、参加者の重要な質問に答え、新しい興味深い情報をたくさん話しました。(だいたいの訳です。)

このように、あたかもきちんとカンファレンスが行われたように、ホームページ上で公表しているのです。

 

この話を聞いたときは、私自身最初は信じられませんでしたし、信じたくありませんでしたが、情報も出回っているしマジなようなのです。

 

正直、どん引きですよね^^;

 

世界中にウソをついてだましてるわけですから。

 

しかも、こうなってくると、この写真を撮って嘘をつくために、参加者の人たちにわざとセミナー中止の通知をせずに、会場に来場させたことになるんですよね、、、

 

だって主催者が来日できないのが判明した時点で、参加希望者に連絡すれば、わざわざ会場に人を集めなくても済む話なので。

 

ホームページ上でもカンファレンス中止の告知が無いのでおかしいとは思っていたのですが、まさかこのような理由があったとは意外でした。

 

カンファレンスがうまくいったという記事のために、証拠写真を撮りたいから、あえて参加希望者には何も連絡せず足を運ばせたということだったんですね。

 

おそろしや、、、

 

さらにです。そうなってくると、ホームページに載っているさっきの写真は誰が提供したのか?という話にもなってくるわけですが、、、

 

一体誰が撮った写真なんだろうか?

 

これも、グルの人間が日本にいて、おそらくその人物が撮影をして提供したのではないでしょうか?(この部分の真相はわかりませんが、、、)

 

とにかく、今回のこのねつ造事件を受けて、私の中でかなりリッチモンドバークスへの信頼が無くなりました。

 

公式サイトの作りもしっかりしてるし、サポート体制も悪くないので、非常に良い案件として評価していたのですが、残念でなりません。

 

このようなことを行う団体なのであれば、私は信頼できませんので、早急に投資した金額を引き出し、元本回収に臨みたいと思います。

 

こんな悪質なウソをつく会社なのであれば、今後も私たち資金提供者にウソをついて騙してくることは、容易に想像できますからね。

 

これから先の投資は、読者の方にもちょっとおすすめできないなあ、というのが正直な感想です。

 

まあそうはいっても、いまのところ、配当が出ていることと、出金ができていることは事実なので、すでに投資をした方もその点はご安心ください。

 

ただ、信用できない案件に成り下がってしまったため、早めの資金回収に臨んだほうがよいのではないか?というのが私の今の素直な意見です。

今後リッチモンドバークスに対してどう接していくのか?

 

最後に、今後リッチモンドバークスに対してどのように接していけばいいのか?

ということについて、私の考えを述べて終わろうと思います。

 

まず、投資をしていない方はこちらには投資はしないでください。

今回の話で信用できない企業であることはわかったと思いますので、それが一番です。

 

で、投資をすでにしている方は、できるだけ早く元本を回収し、縁を切るのをおススメいたします。

 

リッチモンドバークスは、50%の手数料を支払えば元本を引き出すことができます。

 

ですから、元本の50%分の配当を受け取ったら、元本も引き出してしまえばいいんです。この方法なら、40日以内ぐらいには全ての資金の回収ができます。

 

40日ぐらいなら、まだこの案件も存続している可能性は高いでしょう。

 

それでこの案件とはサヨナラして、別の投資先を探すのがベストだと思います。

 

最終的に判断するのはあなた

 

さて、今回はリッチモンドバークスが行った、世界中の会員を騙す、悪質なねつ造事件について詳しく解説しました。

 

今回の話を聞けば、リッチモンドバークスは信用できない企業であることはお分かりいただいたと思います。

 

この話を聞いて、多くの方は「だったら投資はやめておこう!」と思ったのではないかと思います。

 

しかし、中には「いやいやHYIPなんてそんなもんでしょ!最初からどの案件も信用なんかしてないから、自分はリッチモンドバークスにも投資する!」という考えの方もいるかもしれません。

 

もちろん、そこまで割り切ってお金を投入するなら、それはあなたの自由です。

 

いずれにしても、投資の世界に安全は無いですし、考え方も人それぞれですから、最終的な判断はあなた次第ということになります。

 

ただ、今回の残念なねつ造事件があったことだけは、お伝えさせていただきましたので、このことを知っていただいた上でご判断くださいね。

 

それでは、少し長くなりましたが、今回の記事はこれで終わります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

失礼いたします。

 

 

リッチモンドバークスの参加はこちら(一応リンクだけ載せておきます、、、)


LINE@では、最新情報を配信します。ブログでは書けない情報も配信しています。

登録方法なども初心者の方でもきちんと参加できるように、丁寧に解説しますので、LINEにご連絡下さい。

とりあえず質問したいという方
もお気軽にどうぞ。

ID検索は:@wte8585v

URL:line://ti/p/@wte8585v

※投資はあくまで自己責任です。hyipは非常に高リスクでの投資なので、資金を失うリスクをご理解の上、ご参加ください。どのような損失を被ったとしても、当サイトでは一切責任を取りかねます。

11 Responses to “【要注意】リッチモンドバークスが詐欺を行ったことが判明!”

  1. にこ より:

    ここ元本返却50%でできると謳っていますができませんよ。
    1週間くらい前から元本返却したいとチャットやスカイプで運営と連絡していますが、させてくれません。

    • dai より:

      マジですか^^;それはやばいですね。
      やり取りの履歴を見せていただくことはできませんか?

  2. 詐欺ですよ より:

    完全な詐欺ですよ。

    主催者は顔を見せると、あとからトラブルになるのでこんなかったのでは?
    信用させておいて、お金を振り込ませ、それから一気に飛ぶつもりなのかもしれませんね。

    • dai より:

      顔見せるとまずいから、最初から日本に来る気なんてなかったのかも知れませんね。

      今預けてるお金が回収できるまで、飛ばないでいてくれるのを願うのみです。

  3. そうですね より:

    日本の紹介者も最初からわかってやってますよ。
    不動産でそんなに配当を出せるわけがありませんから。
    実態はないはずですよ。

    • dai より:

      不動産で日利1.5パーセントは不可能ですよね。

      ポンジスキームであることはわかった上で
      、一生懸命騙そうと頑張っている姿をどう評価するかだと思います。

  4. 詐欺ですね より:

    fudomadoも逃げましたね。サイトが消えています。

    • dai より:

      ホントですね、サイトごと無くなってます。

      最初からリッチモンドバークスとグルでサイトを立ち上げ、計画通り飛んだのか?

      それとも、リッチモンドバークスがこうなったから、批判に耐えかねて逃げたのか、、、

      真実はわかりませんが、どちらにしてもひどい話です。

  5. 詐欺ですね より:

    いやいや、最初から詐欺と分かってやってますよ。
    だからサイトに会社名もないし、ろくな連絡先も書いてない。

    いざとなったら、すぐに逃げられるように準備してましたね。
    カンフェレンスに来なかったのも、すべて逃げることを想定しての計画の一部。

    誰かが書いてましたが、これをやっているのは日本人で、
    日本人を騙すためのスキームというのは間違いないです。
    森田はただの下っ端ですよ。

    • dai より:

      なるほど。

      正直fudomadoの住所まではチェックしてませんでしたが、「森田」という人物が協力者、もしくは立ち上げメンバーの1人と考えると、確かにすべて辻褄は合いますね。

      真実は運営側にしか分かりませんので、確かめようはありませんが、おっしゃる通り、おそらくすべて計画通りだったのでしょうね。

      私自身、投資してしまった身なので、正直「やられた」としか言いようがないです。

      今回のことから学んだことは、後日記事にしようと思います。

      情報ありがとうございます。

  6. 詐欺ですね より:

    今回は大型の詐欺事件になるなと思いましたので、森田と関係者と思われる情報すべてを取っておきました。 住所もあります。

    以下のサイトの方にすべてお渡ししましたので、今後、法的手段を取りたいという方がいれば、連絡を取られてみてください。

    人数が大勢であれば、弁護士費用も安くなると思います。

    http://playbaseball.hatenablog.com/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ