「疑うな信じるな調べろ」

最近知り合った経営コンサルタントの方から聞いたお話です。

かなりためになる考え方なので、お伝えすることにしました。

その方は経営コンサルとしてはもちろん、投資でもかなり儲けているのですが、その考え方の基礎になっているのが「疑わない、信じない、調べる」ということらしいのです。

投資とかビジネス案件の話を聞くと、多くの人は聞いた瞬間に詐欺だと思い込み、拒否反応を示します。

反対に、情報を根拠もなくすぐに鵜呑みにしてしまい、損してしまう方も存在します。

これはどちらも間違った態度です。

やみくもに疑うのではなく、根拠もなく信じるのではなく、『調べる』のです。

・会社の所在地、

・事業内容、

・未来の構想、

・実際に投資した人がどうなったか?

など自分で調べてみたらいいんです。

大事なお金を投じるのですから、海外に本拠地があるような場合であれば、その国まで見に行ったっていいわけです。

その結果、調べてみて詐欺だとしか考えられないのであれば、スルーすればいいのです。

間違いなく自分の資産を増やせると思えば、お金を投じればいいんですね。

調べもせずに全部スルーしたり、やみくもに信じてしまったりするのはどちらも良くないです。

 

実は詐欺案件なのにやみくもに投資を行えば、当然お金を失います。

反対にその案件が実は本物なのに、印象だけで判断してスルーしてしまうとチャンスを失います。

どちらも賢明とは言えませんよね?

 

僕自身は5年ぐらい前に、知り合いからビットコインの購入をすすめられ、迷った末に購入しませんでした。

怪しいという気持ちが先行しすぎて、お金を投じることができなかったのです。

その後ビットコインがどうなったのか?は説明するまでもないですね。

あのときもう少しだけでもビットコインについて詳しくリサーチをし、お金を投じていれば僕は今頃億万長者だと考えると、悔やんでも悔やみきれません。

反対によく調べもせずにICOにお金を投じてしまい、10分の1以下にまで資産を減らされたことも経験しています。

どちらも痛い思い出です汗

 

僕自身、調べずに投資してしまって損したことも、調べなかったせいでチャンスを逃してしまったことも、両方経験があるんです。

 

こういうもったいないことをしないようにするためにも『疑わず信じず、調べる!』

というマインドセットを持つようにしてください。

 

そうすれば詐欺案件をつかまされてお金を失う可能性もかなり小さくなるし、

チャンスをつかみ損ねて後悔することもなくなるでしょう。


line@では限定情報の配信をしています。

ブログには書けない話もここでは配信していますので、ぜひ登録してみてください。

友だち追加

スポンサードリンク