仮想通貨の取引所が日本人を締め出す動きが加速中

最近、仮想通貨の仮想通貨の取引所が日本人を締め出す動きが加速しています。

hitbtcが先日日本人向けのサービスを停止し、日本居住者の取引を禁止しましたが、huobi、bigoneでも近いうちに日本居住者は取引ができなくなります。

金融庁が海外取引所に圧力をかけ、日本の資金が海外に逃げるのを何とか食い止めようとしているのでしょうね。

この流れが加速していけば、メジャーな取引所は次から次へと日本人向けのサービスを停止し、日本人は日本の取引所にある主要コインしか買えなくなってしまいそうです。

今年仮想通貨業界に参入することを表明しているLINEも、「仮想通貨取引所を日本とアメリカを除外した、世界に向けて展開していく」ということを表明し、日本は最初から除外されているという状態です汗

https://jp.cointelegraph.com/news/line-annnounced-crypto-exchange-service-bitbox

韓国やヨーロッパが仮想通貨取引を緩和する方向に動いているのに、日本は訳の分からない方向に進んでいます。

せっかく日本は、仮想通貨の分野ではほかの国よりも柔軟な国だったのに、コインチェック事件をきっかけに完全に流れが変わってしまいました。

ハッキング被害などを防ぐために、規制や金融庁の監視は必要なのはわかりますが、さすがに行き過ぎです。

個人的には非常にテンションの下がる流れですね汗

海外の仮想通貨取引所をすべて取り締まるのは無理では?

というわけで、日本人が海外の取引所にある、伸びしろの大きそうなコインを買えなくなりそうな流れが加速しているのが、現在の状況です。

非常に悲しい流れではありますが、実は僕はそこまでこの動きを悲観的に見てはいるわけではありません。

なぜかと言いますと「金融庁が仮想通貨規制の動きを強めても、世界中の仮想通貨取引所をすべて取り締まるのはちょっと無理なんじゃないか?」

と思っているからです笑

現在、先述の通り、hitbtc、huobi、bigoneの3か所が日本人が使えない取引所として決定しており、一見非常にまずいことに見えますが、、、

よくよく考えてみれば、たかだか3つの取引所が使えなくなっただけのことなので、特に問題は無いということがわかります。

 

世界には想像をはるかに越える数の仮想通貨取引所が存在しています。

coinmarketcapの取引所ランキングを見ただけでも、仮想通貨取引所は200位まで載っています。

https://coinmarketcap.com/exchanges/volume/24-hour/

それに、知り合いから聞いた話では、仮想通貨の取引所は現在、世界中に10000個ぐらいあるらしいです笑

さすがにこれだけ数が多くては、金融庁も世界中に遍在しているこれらの取引所をすべて取り締まるのは、相当難しいんじゃないでしょうか?

 

また、バイナンスのように、「日本の金融庁の方針にのっとり、日本語での対応は終了している。日本人向けのサービスは行っていない。」というスタンスで、事実上日本人の取引所利用を黙認する取引所も、今後出てくることも予想されます。

というわけで、「今後日本人は将来性の高いコインは一切買えなくなる」という可能性は相当低いと見ています。

 

もちろん、今後海外取引所に対して、金融庁がどのような対策を取ってくるのは注意深く観察していく必要があります。

その内容によっては「海外取引所は一切使えない」という最悪の未来が待っている可能性もあるのかもしれませんが、、、、

 

基本的には、金融庁が世界中の取引所の使用を完全に禁止するのは無理だと思うので、

『海外の取引所が今後一切使用できなくなるんじゃないか?』

みたいな心配は今の段階では不要だと考えています。

 

今後、さらに数か所の有名取引所の使用が仮にできなくなったとしても、海外取引所なんて腐るほどあるので、日本人が使える取引所を利用すればいいだけの話ですから笑

 

『海外仮想通貨取引所がどんどん日本人使用禁止になっている』

というネガティブニュースに悲しんでいる方も多いかもしれませんが、以上の理由から、現状はそれほど気にしなくても大丈夫だと思いますね。

 

スポンサードリンク