ICObenchで低評価だったICOが上場し爆上げ

最近、相場が順調に回復してきていたのですが、、、

昨日爆下げがあったため、また価格がさがってしまいましたね。

調べてはいないのですが、またGOX砲が発動したのかもしれません。

チャート的には、フィボナッチの黄緑の線でいったん抑えられて、赤い線まで落ちてきたという見方もできます。

そして、今赤い線で反発をして上昇していく形になっているので、このまま上を目指してほしいものですね。

ICO benchでかなり低評価だったICOが爆上げしました。

ところで、最近面白いことが起きたのでちょっと紹介します。

ICO評価サイトのicobenchってご存知でしょうか?

⇒ICObenchはこちら

icobenchはICOのレビューサイトで、ICOの評価値が5点満点でわかりやすく表示されており、世界中の多くの人がここの評価を参考にICOを選定しています。

僕自身もICOを選ぶ時にはこういうサイトで低評価のものを選んでしまうと、上場しないリスクやICO割れするリスクが大きそうなので避けてきたのですが、、、

なんと最近こちらのサイトで2.6ポイントという低評価だったICOが上場し、一時期14倍の価格を付けたという情報を聞きました。

最近日本で有名なICOのスピンドルやパトロンが上場後1/5とか1/10とかになっているのに、14倍というのはすごすぎる倍率ですね。

これを見て改めて思ったのは、やはり

「評価サイトや誰かが進めていたから、という理由ではなく、自分の目で内容を確認して確信が持てたものに投資する!」

ということを徹底しないと、簡単に損してしまうということです。

日本人がyoutubeで紹介していたり、代理店が絡んでいるものは、特にやばい確率が高いですね。

hero、withコインなんかも死んでますし、上場したばかりのshivomも残念ながら、ETHベースでICO価格の半分程度にまで今のところ下落しています。

shivomは内容がいいだけに、普通であれば上場後上昇しても全然おかしくないのですが、悪質な日本人たちに利用されてしまったのが良くなかったのでしょう。

個人的な話をすれば、まだ上場していない保有中のトークンにはpumapayが残っているのですが、これも正直かなり嫌な予感がしています笑

最近の傾向からすると、何もせずにETHのまま持っていたほうが良かったというオチになる可能性も高そうですので、非常に心配です笑

ですので、ICOに参加するときはホワイトペーパーなどをきちんと読み、自分の目で情報を判断して投資していかないとダメだなあとマジで思いました。

まあ、そんなの当たり前と言えば当たり前なのですが、、、

どうもICO=一攫千金みたいなイメージが付き過ぎているので、本当に注意が必要ですね。

去年は適当なICOに参加しておけば簡単に利益を取れるのが当たり前でしたが、残念ながら今年は全体的に厳しい状況なので、かなり警戒が必要なのは間違いありません。

ただ、このような状況の中でも10倍以上に爆上げしているICOが存在しているのは事実ですから、ICOが全部ダメということではなく、選定が非常に重要だということになります。

実際、edgelessなんて聞いたこともありませんでしたし、評価サイトでの点数も低いですが、こういうコインが14倍になったという現実がありますので、考えさせれるものがありますね。

 

スポンサードリンク