SHIVOM(シボム)がcoinbeneに数日以内に上場決定

僕自身も参加しているSHIVOM(シボム)が、数日以内に取引所に上場することが決定した!という情報が入ってきました。

 

coinbeneという取引所への上場ということで、hitbbtcじゃなくて安心しています。

shivomがhitbtcに上場していたら、爆下げして終わっていた可能性がかなり高かったので、hitbtcじゃなくて本当に良かったなあと、心から思っています笑

shivomが上場するcoinbeneは1日当たりの取引金額が、日本のビットフライヤーの1.5倍程度ある中堅の取引所のようです。

取引所の世界ランクでも21位の取引量なので、まずまずの取引所のようですね。

 

僕自身、名前を聞いたことの無い取引所だったので、「ここに上場で大丈夫か?」と初めは思いましたが、取引量から考えるとある程度安心できそうな感じですね。

また、数日前にcoinbeneに上場した、IOTXという通貨はかなり爆上げしているようなので、shivomもこの流れに続いてくれることを期待したいところです。

IOTXのチャート。上場後死んでいるICOがほとんどの状況で、この爆上げは相当優秀です。

shivomを所有している方は、すぐに売り抜けたい方としばらくホールドする予定の方の両方がいるとは思いますが、上場後もし爆上げした場合には売り抜けたい方も多いでしょうから、取引所の開設方法も簡単に紹介しておきます。

coinbeneの口座開設方法

 

まずこちらをクリックしてください。

⇒coinbeneはこちら

まずは中国語だと訳が分からないので、英語表示に切り替えます。

次にsign upをクリックします。

メールアドレスと、パスワード(6-20文字で数字、アルファベット両方含まれたもの)を入力し、sign upをクリックします。

あとは、メールボックスに届いている、リンクをクリックすれば口座開設は終了です。

 

これで入出金や取引はできる状態になりました。

ついでにセキュリティの設定もやっちゃいましょう。

右上のメールアドレスの所にマウスを持き、「account」をクリックしましょう。

次に「setting」をクリックします。

電話番号認証またはグーグル認証のいずれかをやっておけばいいと思います。僕はいつもグーグルオーセンティケーターを使ってます。

これで口座開設ができました。

 

あとはSHIVOMの上場がいつになるか?

が重要ですが、この情報はまだ公式から発表されていないので、これから要チェックですね。

また情報があったらブログでお伝えできればと思っております。

 

ちなみに、coinbeneは6/26までは取引手数料無料のようなので、shivom以外のコインの売買に利用するのもいいかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク