HBウォレットにハッキングの被害?&リップルのチャート分析

今日は昨日に比べ相場が回復してきていますね。

ほっとしているところなのですが、また、悪材料が飛び込んできました。

使用者の多いイーサリアムウォレットのHBウォレットが、ハッキングされたというニュースです。

 

昨日もネガティブニュースとマウントゴックス砲の発動で、かなり暴落が起こったところに、また悪いニュースが入ってきてしまいました。

ネガティブニュースが本当に多すぎて「またか」という感じです笑

 

ただ、今回のニュースは幸い価格に悪影響を与えることは無く、仮想通貨の金額がこのニュースによって相場が下がる動きは特にないようなので、ほっとはしています。

あとは、このまま相場が回復し、本格的な上昇トレンドに入ってくれれば最高なのですが、果たしてそううまくいくのでしょうか?

それを確認するためにも、チャート分析をもう一度きちんとやってみました。

 

 

リップルのチャート分析を改めてしてみました。

 

先日もリップルのチャート分析を記事にしたのですが、正直、使っていたチャートが水平線やフィボナッチが使えないものだったため、だいたいの分析になってしまっていました。

なので、今回はもっときちんとやりたいと思い、いろいろな取引所のチャートを見てみたところ、ビットバンクのチャートが非常に見やすく、色々なインジケーターやフィボナッチも使うことができることが分かったので、こちらで分析してみました。

 

このようにフィボナッチを入れてチャートを改めて見てみると、72円付近(赤い線)で何回か支えられていたものの、そこを下抜けてしまい、現在62円近辺を目指しているように見えます。

今日の上昇もこのように長い目で見ると、小さな陽線が一本出ているに過ぎないということが、チャートから分かります。

依然として、大きな流れとしては下降トレンドが続いているように見えますね。

なので、もしかすると今日の相場の回復は一時的なもので、リップルはこの後62円付近まで下がってしまうかもしれません。

そして62円付近も下抜けてしまえば、その下のサポートは48円付近、というチャートになっています。

僕もリップルを保有しているので、できればこのまま上がってきてほしいとは思うのですが、、、

FXをやっていても、フィボナッチは効くことが多いので、このあと62円付近までリップルが落ちることは、残念ながら十分あり得ることだと考えています。

予想される値動きの1つとしては、いったんは72円ぐらいまで回復し、そのあと62円ぐらいまで落ちる、という感じになるかもしれませんね。

なので、リップルの価格が72円ぐらいになったら、いったん売ることも考え、値動きがどうなるのか注意して見ていきたいと思っています。

 

今年に入ってからはマウントゴックス砲の存在もあり、多少相場が回復したからといって、そのまま上がり続けるとは思えないので、注意が必要です。

あと数か月が経過し、マウントゴックスが玉切れになれば、去年のようなボーナス相場がやって来るかもしれませんが、それまでは間違いなく暴落が何度も来るはずです。

ですので、今後も警戒しながら相場状況を見て行きたいと思います。

 

それにしてもビットバンクのチャートはかなりたくさんのインジケーターが使えますし、平行線を引いたり、トレンドラインを引いたり、フィボナッチを引いたりすることもでき、かなり使いやすいですね。

これまであまり使ってませんでしたが、もったいなかったなと思っています。

あなたもテクニカルチャート分析をきちんとしたいなら、ビットバンクの口座を作るのが非常にオススメです。

僕はいろいろな取引所の口座を持っていますが、ここがチャートの分析をするのに一番使いやすいと、現時点で感じています。

入金しなくても口座を持っていれば、チャート分析には使用できますので、ここで取引する気が無くても、とりあえず作っておいたほうがいいですね。

僕自身、ビットバンクのチャートがこんなに使えることに今まで気が付かなかったのですが、今後はここのチャートをメインで使っていきたいです。

⇒ビットバンクの口座開設はこちらから

スポンサードリンク