本日もまた仮想通貨全体が大暴落してますね、、、

今年に入って一体何度目でしょうか?

またまた仮想通貨が大暴落しています。

 

今回の暴落の理由ははっきりとはわからないのですが、

・中国のさらなる規制

・マウントゴックス法の発動

・韓国の納税のための利確

辺りが原因のようです。

また今回も、2018年になってから何度も耳にしている、『規制』『マウントゴックス』の2文字がまた出てきました。

もういい加減、この2つ単語は聞き飽きたと言いたいところですが、またもや仮想通貨の相場に大ダメージを与える材料になってしまったようです。

特に今回はマウントゴックスが6000枚のビットコイン(51億円ほど)を売りに出したらしく、大暴落につながってしまったみたいですね。

これまでも何度も何度も、マウントゴックスの売りの影響で好材料がかき消され続け、暴落が起こり続けてきたわけですが、そろそろ本当に「いい加減にしろ」という感じです。

しかも、残念なことにまだまだこの流れは終わってくれそうにありません。

これだけビットコインを売りまくっているにもかかわらず、未だに13万ビットを保有しており、これを今後売りに来る可能性が高いようです。

これが本当に発動するとしたら、ビットコイン(というか仮想通貨市場)はどうなってしまうのでしょう?

想像しただけでも鳥肌が立つような話です。

僕自身も今回の暴落の影響はしっかり食らっておりまして、リップルが70円を割るタイミングでチャートを見ておらず、バッチリ逃げ遅れました笑

ここまで下がってから今更売るのは悪手にしかならない気がしますので、上がるまで静観しようと思います笑

今年はゴックス砲の存在がある以上、細かく利確していかないと暴落がやってきますので、上がったらどこで利確するか考えていきます。

マウントゴックスが売り終わってさえくれれば、投資家たちが安心するのでまたバク上げ相場が来ると思うのですが、、、

マウントゴックスが売り終わるにはあと数か月はかかりそうですから、それまでは仮想通貨は、多少上がってはまた暴落する、という流れを繰り返しそうですね、、、

 

暴落中だが、好材料もあります。

 

というわけで今回もすさまじい展開で、悲惨な相場展開になってしまっていますが、こんな状況でも決してバッドニュースしかないわけではありません。

6月にはみんなが待ち望んだ、コインチェックが再開しそうというポジティブニュースが入っています。

コインチェックは、あれだけの事件を起こしてしまったので、どうしても以前に比べるとイメージは悪いですが、それでもコインチェックの復活はかなりの好材料になるはずです。

現在コインチェックが使えないため、他の取引所での仮想通貨の購入ができない層の人が、コインを買えない状況になっています。

初心者に優しいインターフェイスのコインチェックが復活すれば、彼らがコインを買い始める動きも期待できますので、ある程度上昇するとは思ってます。

そうはいっても、マウントゴックスの影響はどうしても強すぎますので、

コインチェックが復活する≠仮想通貨が爆上げしてお祭り

になってくれる確率は正直低く、多少上がったところでまたマウントゴックス砲が発動されて下がる、という流れが予想できるのが痛いところではありますが。

なので、もう少し上がったところでいったん逃げておいて、暴落して安くなったところで買い戻す、という作戦も考えたほうがいいかもしれません。

とにかく、今のように陰線が出まくっているところで狼狽売りしてしまうと、9割方あとで後悔しますので、今は手放すには良くないタイミングのような気がします。

少なくとも僕自身はもう暴落には慣れたので、今はまだ様子を見ようと思います。

もう少し上がればいったん逃げることは考えますが、今は下がりすぎているので、ビットコインやメジャーアルトは売るタイミングではないと考えています。

 

 

 

 

リップルのチャートは、ついに70円のラインを割り込み、下に抜けてしまいました。こうなってしまうと次の底は60でしょうか?

今月の

 

スポンサードリンク